今の80代は、よく韓国人を見ていないとは思うものの祖父は同和

そういえば、今の80代というのは、韓国人を結構差別的に扱ってしまうという難点があるようです。
やはり戦争の事があったのか、まあ30代がどうこうというまくではないにせよ、うちのじいさんと叔父の一幕といえば、横浜でキムチとナムルを買ってきて、叔父は祖父と仲は最悪だったので、隣にいた母が、じいさんキムチ食べないのと聞くと、
「いらね、そんな朝○人が作ったのなんかいるかばか」
こんな感じだったので、その後知らないでナムルを食べるというオチがあったそうですが。

そして、最終的には食事が終わったくらいに叔父と喧嘩が始まるという昭和のどつき漫才のガチンコのようなバトルだったようですね。
実は祖父と叔父の喧嘩は自分も幼心に覚えてはいるのですけれどね。

まあ、80代以降は、韓国人に対して偏っているという事です。
これは戦争が悪いのでしょう。
でもその割には、同和に入っていたりして、祖父の人生もよく分からないですね。
同和って自体が、自分からしたら、怖いんですけどねえ。あれって在韓の人を守るのでしょうし。ヴェルモアが売れない

竹細工というのは海水が引っかかっても大丈夫

今何時でしょうね。
時間を気にせず、書いていたら、時間そのものを忘れている事に、気がつきました。

いや、暗くなっていました。さっきのパソコンの前を通り過ぎていった害虫が、戻ってきたら、どうしようと、今も恐恐としています。
それにしても、少し休憩を入れて、自分の人生を見つめなおすのも良いかもしれませんね。
人生とはなんたるものか、と、そうだと3秒くらいで考えたのは、竹細工というのは、他の竹っぽいツル上のものと同じように出来るため、海外でツバルで、竹細工を作ったら、こいつは面白いぜという事でしょうか。
パプワニューギニアのペニスケースを竹でくるくるまくとかですね。あ、違いますね、尻とかのひもを強化するように竹でねという。
なんだか、20代の頃、ゲイとよく間違えられていましたね。
女性との出会いがなかったからなんですが。

ともあれ、これは面白いと思った次第でした。
さて、と思ったら父親が話しかけてきました。食べ物がほしいようです。母のプリンあげられないかと思いました。さあミラドライでスッキリしよう!